あせとせっけん第38話(八重島家の大晦日)のネタバレ

【年末】

実家に電話する麻子

実は同棲しようって話が出てて、名取さんが実家に挨拶に行きたいって
言ってくれてるんだけど

えーほんと

じゃあもうお正月に読んじゃいなさいよ
え!?

そ、そんなすぐ

大晦日

よっこいしょっと

これだけ買っておけば三が日は大丈夫でしょう

5人分ってこんな量になるんだね

んーん、今回はお正月だし名取君も来るから特別よ

どうせ二日以降は残り物や冷凍食品ですませちゃうし

そっか

お父さん登場

お、おかえり

もう買い出しすんだなら洗車するぞ

はいおねがーい

おかあさん・・ちょっと緊張しているだけよ

あとで写真くらい見せてあげたら

うん

名取くんには、麻子の部屋に布団敷いて寝てもらおうと
思うんだけどいいわよね

あっ、うん、大丈夫

一通り掃除はしたけど自分で気になるところがないか確認しなさいね
ありがとう

自分の部屋に戻る麻子

私が大学生のころまで使っていた部屋

最近は物置みたいにしてたけど、それも片づけてくれてる

このくらいスペースあれば布団敷いても大丈夫そう

このベッドは小学校からだ

嫌な事があるとよくこのベッドの下に潜り込んでた

思い出に浸る麻子

【一方父は】

桂太に、お前もう麻子の彼氏に会ったんだろ?
どんな男なんだ

え?どんなって?

すげーモテそうなやつ

大丈夫なのかそれは

会ってみりゃわかる

それにそんなに気になるんなら姉ちゃんに直接聞けばいいじゃん

だってな母さんは夏の時点でもう知ってたらしくてな?

タイミングの問題じゃねーの?

俺だってうちのレストラン来る話がなかったら、
今日初めて知らされてたかもしんないし

まだ会いたくないなら断っても良いと思うけど

いや、そんな悲しいことは言わないさ
ただなぁ、一番最初の子供が出来たという喜びも
子供の成長の一つ一つもうれしいこともかなしいことも
どれだけ早く帰ってこようとも、知るのは一番後だったなぁ

仕方がないとはいえ、やっぱり少し寂しいもんだ
ふーん、、

せめてお前が彼女連れてくるときは、先に父さんに教えてくれないか

ええ・・

お風呂あいたよ、次の人どうぞ

あ、じゃあ俺はいるか

そういや姉ちゃん、あいつからなんか親父のこと訊かれた?

あいつって名取さんに?ああ

やっぱり緊張してるみたいで、ちょっと怯えていたから
そんなに怖い人じゃないよとは言ってあるけど

あとなんでか、しきりに車を気にしてたかなぁ

ふーん、あいつの中で情報が錯綜してそうだなぁ

まあ、そんくらい身構えているくらいでちょうどいいんじゃね
一応挨拶に来るわけだし

う、うん

そういえば、親父のビールもうすぐなくなりそうだった

ビールを持っていく麻子

急にこんな話になっちゃって

いや、いいんだぞ

正月に呼んだのはこっちなんだし

向こうの予定は大丈夫なのか

うん、香太郎さんも年末は実家に帰っていて
明日は、実家から直接来るって

香太郎さんとは、お付き合いを始めて半年くらいになるんだけど
夏に私がした話覚えてる?

うちの会社の新商品に関われてうれしかったって話

実は、あの時の商品開発部の人が香太郎さんなの
その新商品もこの冬に発売されたんだよ

なんだそうだったのか

なんでその時言わなかったんだ

だってあの時は、まだ付き合って間もなくて
それにその、彼氏ができたなんて言ったら、もしかしたらお父さんショックを受けるんじゃ
ないかって心配で

何を言ってるんだ麻子

ショックに決まってるだろう・・・

で、でもねお父さん、香太郎さんは本当に良い人で

いい、いい、傷口に塩をぬるな

まだ聞いて2日しか経ってないからな、ショックじゃないとは
どうしても言えない

だけど、うれしい気持ちもちゃんとあるんだ

だから、安心しなさい。会うのを楽しみにしてる

いよいよお正月

香太郎がやってきました!

お父さんお迎えに来ましたよ!w

さ、いよいよどうなるお正月