2019年プロ野球開幕戦!中日ドラゴンズのスタメン予想

いよいよ、2019年3月29日に、プロ野球が開幕しますね!

中日ドラゴンズといえば、昨年の甲子園で優勝した大阪桐蔭高校から、根尾昴選手が入団したことで注目を集めています。
また、今年から就任した与田監督がどのような采配を振るうかも期待されていますね

早速、中日ドラゴンズの開幕スタメンを予想してみましょう!

 

2019年中日ドラゴンズの開幕スタメンを予想!

まずは、私の予想からご覧ください。期待も込めています。

 

1番:センター:大島洋平選手

2番:ショート:京田陽太選手

3番:ライト:平田良介選手

4番:ファースト:ビシエド選手

5番:レフト:アルモンテ選手

6番:セカンド:高橋周平選手

7番:サード:福田永将選手

8番:キャッチャー:大野奨太捕手

9番:投手:笠原投手

控えとして、根尾選手、モヤ選手(多分2軍)、堂上選手、亀澤選手、藤井選手、松井捕手がいます。

中日ファンの期待としては、根尾選手の開幕戦ショートスタメンだと思うんです。

確かに、いちプロ野球ファンとしては見てみたいのですが、そこまで焦らなくてもいいと思います。

1軍のベンチにいて、先輩方のプレーを見ることも勉強ですが、2軍でじっくりと実戦経験を積ませたいのが本当のところじゃないでしょうか?

チャンスがあれば、途中出場させたりする機会があるでしょうけど、これからのドラゴンズを背負っていく選手です。

中には、京田選手をセカンドにして、ショートに根尾選手という案も出ていましたが、去年とほぼ変わらぬオーダーでおさまるのかなと思います。

1番、平田選手、2番、京田選手、3番、大島選手という打順も試していたようですが、大島選手はベテランといえど、毎年なんだかんだで20盗塁以上していますし、出塁率も高めです。なので、私は1番にして、京田選手とともに、走塁でチャンスを作ってほしいところ!

平田選手は、昨年.329というハイアベレージを残し、打撃が安定しました。長打力は影を潜めてしまいましたが、つなぎの3番として期待!

4番、5番は、安定した成績を残した、ビシエド、アルモンテ両選手で決まり!

6番の高橋選手は、打率が低いものの、昨年は69打点を記録。まだ、完璧に覚醒したとはいえませんが、まだ25歳という若さも武器です!

今年は、本当の覚醒を期待して、6番に!ほんとは、3番あたりを打ってほしいという個人的な願いです。

7番は、福田選手を置きましたが、一発長打は魅力な選手です。去年は、そのプレッシャーからか、まったくもって期待に応えられず、本人もはがゆい思いをしたと思います

2017年は、18本。去年は13本と。もっと打てる選手だと思っています!楽な気持ちで!自由に打てるように!ということで7番辺りで。ほんとは5番にしたい!

さて、捕手が問題です。

大野捕手にしたのは、開幕戦の相手であるDeNAの開幕投手が今永投手(左)だからです。

松井捕手も候補にありましたが、一応左投手ということで、右打者である大野捕手にしました。

日ハム時代にも、開幕戦でマスクをかぶった経験があることを重視しました。開幕投手が笠原投手なので、緊張をほぐすためにも、経験がある大野捕手がいいかと。。

でも、年間通しての活躍は見込めないので、松井捕手との併用になるかと思います。

開幕投手はいない・・なんてつぶやきがありますが、大野雄大投手は、地元での開幕戦登板が濃厚なためなし。となると、オープン戦で好調な笠原投手が有力視されています。というか、オープン戦の登板間隔からほぼ決定だという報道もあるので、私も笠原投手で文句ないと思います。

と、なぜこのスタメンにしたのか、私の持論をお伝えしましたが、世間のみなさんはどうでしょうか?

 

世間の予想を見てみよう!

 

ネットで検索してみて、上位2つのブログより拝借しますと、

1番:ライト:平田選手

2番:ショート:京田選手

3番:センター:大島選手

4番:ファースト:ビシエド選手

5番:レフト:アルモンテ選手

6番:セカンド:高橋選手

7番:サード:福田選手

8番:捕手:松井選手

9番:投手

※ベースボール速報さんより


1番:センター:大島選手

2番:ショート:根尾選手

3番:ライト:平田選手

4番:ファースト:ビシエド選手

5番:レフト:アルモンテ選手

6番:サード:高橋選手

7番:セカンド:京田選手

8番:捕手:松井選手

9番:投手

※個人ブログより

オープン戦では、1番平田選手、2番京田選手、3番大島選手という打順も試していたので、こちらの打順も十分にあり得ます。

2番目の方は、若手を起用したいという思いから、ショートに根尾選手を抜擢。セカンドには、京田選手をコンバートしていますが、今のところは、京田選手がショートスタメンの有力候補で、シーズン中の調子次第では、根尾選手が抜擢される可能性もあります。

しかし、堂上選手もいますので、根尾選手は焦らず、2軍で実戦経験を積ませた方がいいのかなと思います。

根尾選手は、将来ミスタードラゴンズと呼ばれるだけの素質はあります。努力、勉強家なので、きっとその野球に対する思いは、実を結ぶことでしょう!