何かと世間で話題になっている情報をお届け!

映画「赤ずきん」に隠された結末!「もう1つのエンディング内容」とは!?



▼映画「赤ずきん」を今すぐ無料視聴する▼
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

映画「赤ずきん」は、童話と違って、ホラー仕立てにした仕上がりとなっており、また駆け落ちすると言った恋愛要素も含んでいて、一味違った作品であります!

さて、この映画「赤ずきん」には、2つのエンディングがあることをご存知でしたでしょうか?

 

映画「赤ずきん」のエンディング・結末

 

まずは、殺人を繰り返していた、人狼の正体が、赤ずきんのお父さんであったことです。

また、劇場版のエンディング、結末は、人狼に腕を噛まれたピーターがヴァレリーに別れを告げ、一人で村を出ていき、最後は狼の姿でヴァレリーと再会するというものだ。

これが、通常の結末です。

 

さて、赤ずきん、もう1つのエンディング内容とはなんでしょう?

 

これは、DVDかBlu-rayに収録されていますので、買ってみた人にしかわかりませんが、ネットにネタバレ情報が掲載されていましたので紹介しますね

 

映画「赤ずきん」のもう1つのエンディング内容とは?

もう一つの結末内容は、人狼を殺した後、二人は束の間愛し合い、ピーターが村を出た後ヴァレリーは一人で子供を産んでおり、最後は赤ん坊を抱いて狼のピーターと再会するというもの。子供がいるかいないかという違いだけですが、あらぁ、子供を産んでいたとはね~いつの間にかやることはやってた・・ま、愛し合っているのなら、自然とそういう流れになるのは仕方ないことですが、そうかぁ、そういうことだったのね~

そして、DVDに収められている未公開シーンの中に、もうひとつのエンディングがあり、そこでは、同じような狼人間たちが、貴族のような格好をしていて、父親が自分の娘を彼らに紹介しています。

 
 

 

赤ずきんの結末に関する歴史

まず、最初に世に出た赤ずきん。これは、1697年にフランスで出版されたペロー童話集のものです。

この話では、赤ずきんがオオカミに食べられてしまって、おしまいという結末になっています。

赤ずきんを助ける人はいなくて、彼女は死んでしまうという悲しい結末になってます。

その後、グリム童話では、版を重ねるごとに、「最後に猟師が狼を撃ち殺し、赤ずきんとばあさんを腹から救出した」という内容に変えていったようです。

だから、本来の結末は「食べられたまま」なのです。

そして、このペローの話がドイツに伝わり、グリムが童話化したとき、ドイツ人にとって、「幼い少女が食べられて死ぬ」というのが、嫌がられたようで、本来父親の象徴である狼にもう一人狩人を加えて、赤ずきんが、生きて助かる話に無理矢理置き換えたので、現在のような話になったのです。

日本でも子供向けに出版している赤ずきんの話は、最後、赤ずきんが助かる話になっていますよね。

 

では最後に、映画「赤ずきん」をもう一度みたい!見たかったのに、録画し忘れた。。。見逃してしまった・・・

と言うあなたに、映画「赤ずきん」を違法とかではなく、公式サービスを利用し、安全、高画質、そして無料で見る方法を紹介していますので、気になるなら、是非ご覧ください。

 

映画「赤ずきん」を無料視聴する方法



2018年10月30日に、深夜放送ながら、映画赤ずきんが放送されたんですが、もし見逃してしまった・・というあなたに朗報です。

なんと、違法とかグレーゾーンでの視聴ではなく、公式サービスを利用してでの、無料視聴する方法を紹介していますので、もし見てみたい!というなら、こちらの記事で紹介しておりますので、ぜひ、この機会にご覧になってみてください^^

映画「赤ずきん」をスマホやPCで安全に無料視聴する方法!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930