垣越建伸(山梨学院)の進路やドラフト評価をチェック

山梨学院のエース、垣越建伸投手が、プロからの注目を浴びている選手だという事は知っておりますか!?

簡単にプロフィールの紹介と、一体何が凄いのか?ドラフトの評価や今後の進路についても、お伝えしたいと思います。

 

垣越建伸投手のプロフィール

184センチ、100キロ(スポーツナビに掲載されている情報より)

183センチ、92キロと日刊スポーツには掲載されていたが・・なんで体重にこんな誤差があるのだろうか^^;だいぶ差があるぞw

でも、恵まれた体格ですよね。既にプロの方とも遜色ありません。最高球速は146キロ。球種はスライダー、チェンジアップがあるとのこと。

投げようと思えば、カーブも投げられるんじゃないでしょうか?(笑)

ただ、荒削りで制球は安定してないけど、下半身がどっしり安定していて球威がある。木佐貫スカウトがべったりくっついてみているということですから、プロからも注目されていることがわかりますね。とはいっても、何がすごいんでしょうか!?ドラフト評価も見てみますよ~

 

Sponsored Link


 

垣越建伸投手のここがすごい!

プロの方の評価はこうです。

貴重な左のパワー型先発。。まだまだパワー・球速共に上昇するポテンシャルを秘めている。DeNA陣営がスカウト・首脳陣を多数動員してマークする。

ということで、育成次第では、化ける!秘めている潜在能力に、プロが注目しているようですね~また、

DeNAは吉田孝司、進藤達哉の両GM補佐ら総勢4人態勢で入念チェックする本気モード。「ゆったりとしたフォームの大型左腕で魅力がある。引き続き、要チェックしたい」(進藤GM補佐)。「スピードはまだまだアップするはず。好印象の左腕」(巨人木佐貫洋スカウト)

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201807090000105.html

 

他には、中日の八木スカウトも視察しており、非常に楽しみな存在だとコメントを残しています。

 

プロ野球には、左腕はいますが、貴重な中継ぎ左腕が不足しているチームもありますよね。先発投手も候補はいても、なかなか2軍から這い上がってこない。だから、そこに割って入るような存在になるかどうか、垣越建伸投手に注目がいくのも納得です。ドラフト評価、注目度は、ABCのBです。

DeNAは、砂田投手や今永投手といった本格派左腕を獲得し、DeNAの投手陣を支える若き存在となっています。となると、垣越建伸投手が、プロに行きたい!となって、プロ志望届を提出した場合、横浜が手をあげるんでしょうか!?

しかし、本人の気持ちはどうでしょうか!?プロに行きたいのでしょうか?

 

垣越建伸投手の高卒後の進路は?

 

うーん・・・まだ、高卒後の進路については、考えていないようです。

今は、甲子園での戦いに集中!ってことだと思いますが、プロのスカウトからは、当然挨拶があったことでしょう。本人が一番わかっていることですから、進路について考えていないと言っても、頭の中のどこかに”プロ”という2文字はあるはず。

もし、プロ志望届を提出するなら、下位でも上位でも指名する球団はあると思いますよ^^