長浦京さんの顔画像や経歴。作品の口コミはいかに?

この記事は2分で読めます

第19回大藪春彦賞に
小説家、長浦京さんの作品
「リボルバー・リリー」
が選ばれました

 

 

小説が好きな方はご存知かも
しれませんが、縁のない方は
誰だろう・・・とお思いかもしれません

 

 

wiki情報を見てみると、
生年月日・・1967年としかありません。。

 

 



 

出身は埼玉県で、
学歴を見ると、法政大学の経営学部を卒業とあります

 

 

その後、出版社に勤務しながら
放送作家になるのですが、
難病にかかってしまい、
しばらくは闘病生活を送っていたそうです

 

 

退院後に、書いた時代小説「赤刃」
という作品が、
小説現代長編新人賞(講談社主催)を受賞

 

 

とネットで調べてみると
これ以上の情報がなく、
独身なのか、奥さんやお子さんが
いるのか、家族情報も不明です

 

 

あとは、今回の作品も含めた
口コミ、評価などが気になりますが
新人賞を受賞した作品、
「赤刃(せきじん)」の
感想がこちらに掲載されています

 

 

また、賞を受賞した

リボルバー・リリーの口コミ感想

は、アマゾンに掲載されています

 

 

Sponsored Link


 

 

ちなみに、大藪春彦賞ですが
賞金はなんと500万円!

 

 

第1回目の、受賞作は馳星周さんの
「漂流街」という作品です

 

この賞の名前である、大藪春彦さん(故)
は、生まれは日本でなく、
ソウルなんですね~
お父さんが教師だったんですが
本人は、日本ハードボイルドの
小説家となります

 

 

賞が創設されたのは、
1997年で、翌年1998年から
ハードボイルド小説、
冒険小説に分類される小説に
与えられる賞となりました

 

 

まだ、今回は19回目でありますが
名誉ある賞ですから、長浦京さんの
小説も話題となり、売れっ子小説家に
なっていくのでしょうか!?

 

 

なにはともあれ、難病を乗り越えての

今回の受賞!本当におめでとうございます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。