友チョコの始まりはいつから?平均の予算額や渡す必要性は?

Sponsored Link

2月になりますと、男性も女性も
少々そわそわしてきますでしょうか?

 

 

2月と言えば、節分もありますが
14日のバレンタインデー

 

 

日本に限らず、世界各国で
女性から愛する男性へ愛のプレゼント

 

 

夫婦はもちろん、恋人同士
好きな男性へと形はさまざま

 

 

しかし、近年では、本命チョコに
次いで、義理チョコではなく
女性から女性へ渡す友チョコ

 

 

ってのがあります

 

 

別名、レズチョコなんて
言われています^^;

 

 

最近聞いたような言葉

ですが、いつから友チョコって

言われるようになったんでしょうか?

 

 

友チョコの始まりはいつ?

 

 

私が子供のころなんてのは
友チョコなんて言葉は
なかったように思えます

 

本命か義理か・・

 

やはり私と同じように、いつから
友チョコなんて言葉が生み出され
世間で流行ったのか気になる方は
多いはず。

 

 

どうもその真相を探っていくと
昔は、友達同士でチョコを
交換したり、配ったりという
行為はあったようです

 

しかし、友チョコという言葉
はなかったということです

 

ネットで調べていると、
約30年前から、友チョコを
やっていたという方がいらっしゃいました

 

 

しかし、この当時は友チョコ
という言葉がなかったので、
最近なんじゃないか。。

 

ということで、ネットで
調べていますと、どうも
2003年に、友チョコについて
ネットで質問されている方が
いらっしゃいました

 

 

ということは、2017年ですから
もう14年も前のことです

 

 

これが世に知られて、流行に
なったのは、2006年ごろ

 

 

はや10年もの月日が経っています

 

 

これ、お菓子メーカーの
企業戦略だったのではないか?

 

 

と言われていますが、これは
違うようで、どうせチョコを
作るなら、仲の良い友達にも
あげよう!ということが
広まっていったようなんですね

 

口コミでじわじわと日本中に

知れ渡っていったというのが

真実のようです

 

 

まぁ、心を許している友達に
日頃の感謝も込めて

 

 

ってとこでしょうか?

 

 

じゃあ、この友チョコに
費やす費用はどのくらいなのか?

 

 

手作りで渡す女性も多いよう
なんですが、いくつくらい渡すのでしょうかね~

 

 

友チョコを渡す場合、予算や個数は?

 

 

手作りで渡す人は、市販のチョコを
買ってきて、湯銭して、型を
取って、冷やして、ラッピングして

4つか5つくらいを一つの袋に入れて

渡すというのが平均みたいです

 

 

1人あたり、数百円といった
ところでしょうか?

 

 

日ごろお世話になっている方
に渡す場合は、市販で売ってる
チョコの詰め合わせを
500円~1000円程度で購入し
渡すようですが、何人も渡す場合
だと、予算もオーバーしてしまいます^^;

 

 

誰にあげるのかによって
チョコレートにかける
費用も異なってくるので
どのくらい費用を投じるかは
お財布と相談といったところでしょうか

 

しかし、友チョコってどうしても

渡さなければいけないのか??

となると難しいですよね^^;

 

Sponsored Link


 

 

友チョコって渡す必要はある?

 

 

仲の良い友達にあげたい
気持ちはあるのでしょうが、
どうしても、あげなければいけないの?

 

って言われたら、必要ないでしょうね^^;

 

 

ただ、バレンタインデーっていう
日を機会に、日ごろの感謝の
気持ちを伝えるという意味では、
そのきっかけとなる日である

 

にしか過ぎないのかと

 

 

あの子が、あげていたから、
私も渡さないと。。

 

日本人て、そんな気持ちになる
んですよね^^;

 

 

義務じゃないですし、渡さなかった
から、あの子から陰口とか悪口
を言われるようでしたら、
友達、やめたほうがいいかもしれませんw

 

 

それよりかは、日ごろから
素直にありがとう!って気持ちを
伝えたり、困ったときには助けたりと
そうしていれば、友チョコを
渡さなかっただけで嫌われはしませんし

渡す必要もないでしょう

 

 

それなら、一緒にランチに行ったり

仕事帰りに居酒屋へ行ったり

カラオケなどで楽しんだ方が

素敵なバレンタインデーになるかと思います

(恋人や夫がいない場合ですけどw)

Sponsored Link