24時間マラソンのゴールのタイミングが良すぎるのはなぜ?

Sponsored Link

 

24時間テレビのマラソンですが、見事ゴールしましたね。

 

TOKIOの城島リーダーには「おめでとう!」と声をかけたいですが、

あまりにもゴールのタイミングが良すぎるのに、なぜ??

みなさん疑問を感じていませんか?

 

今年2014年の場合は、ゴールまで700メートル地点くらいで、

おなじみの曲、「サライ」が流れ始めました。

サライってそういえば、どんな意味なんでしょうね^^;


 

しかしながら、歌詞を見てみますと、あんまりマラソンとかには

関係ないような感じもしますが・・・

 

今一人暮らしをしていたり、失恋した人には勇気をもらえる曲なの

かもしれませんが、どうもなんかマッチしていない気も・・・

 

だったら、ZARDの「負けないで」の方がよかったりと個人的な意見ww

 

でも、この場面は、TOKIO・・・素晴らしいグループだと

改めて思いました!泣けるわ~

 

ゴールの瞬間

 

それはおいといて、本題へいきましょうか!!

 

なぜ、マラソンのゴールのタイミングが良すぎるのか?

 

なんでかって、このマラソンがメインのコーナーでもあり、この日の為に

たくさんの人々が城島さんのために、支え、応援してきたわけです。

 

日本テレビサイドとしては、このメインイベントでもある

「マラソンのゴールの瞬間」は、とっておきの視聴率稼ぎでもあり、

感動を誘う最高の場面でもあるのです。

 

これがですよ、仮にゴールが早すぎたり、遅れたりするのは、

番組としては絶対に許されないことです。

 

当然ながら、お偉いさんからもお叱りを受けるどころか、会社への損失が

懸念されるわけですから、最初から仕組まれているということは、

みなさん現実として受け止めておくべきでしょう。

 

視聴率の関係、資金提供しているスポンサーの関係、大人の事情があるのです。

 

この番組を否定するわけではないのですが、色々と大人の事情が絡みすぎて、

世間は結構冷ややかなんですよね^^;

 

もうあとは、このマラソンのゴールの瞬間が、最高視聴率をたたき出すこと

が日本テレビ側にとって、どれだけ意味のあることか・・

近々発表されることかと思いますので、何パーセントかドキドキしながら、

見守っていきましょう。

 

30%くらいは超えるのかな。。。???

Sponsored Link